管理人も愛飲

マインドガードDX粒タイプ

 

マインドガード

グッスリ眠りたい!

こんにちわ、飯野です。

 

 

安眠や不眠解消の為の知識として、色々と研究がされていることをしるといいかなと思います。睡眠の研究自体が進んできているのですが、今でこそある程度の事が分かってきたと言われていますが、睡眠というのは非常に深いもので、中々最近までは分かっていないことが多かったのです。

 

睡眠の新常識

 

最近になってやっと睡眠について分かってきたと言われています。睡眠は休息をする為だけではなく、成長ホルモンや性腺ホルモンの分泌を助け、疲労回復、傷の修正、性機能促進、または免疫力を高めるという所が重要視されているのです。

 

 

人の脳も不思議で解明されていない事が多く、起きて働く脳、眠っている時に働く脳という二つの機能があります。睡眠が機能していない場合、後者の『眠っている間に働く脳』の機能が不足してしまい、カラダ全体に支障が出てきます。

 

 

今までの睡眠の常識も、研究が進んでいくに連れて『実は間違っていたかも、、』という部分が沢山出てきています。『睡眠時間は、加齢とともに変化していく』という事です。

 

 

つまり、若い時はグッスリ眠れていたのに、年を取って眠れなくなった、、、という事で更に悩んでいると、余計不眠症などの睡眠障害に陥ってしまいます。ですので、年々眠る時間が減ってきているのは当然という考えを持つことが大事という事です。

 

 

成長に必要な機能が不要になったからこそ、若い時ほど眠る必要が無くなったというだけであり、睡眠パターンが変わっていくのも当然の事だといえるでしょう。

 

 

また、睡眠というのは季節によっても変化します。

 

 

この理由としては、日長時間によって影響された体内リズムの変化によるもので、真夏は睡眠時間が短くなり、8月の終わりからは徐々に長くなっていきます。

 

 

また、食事の内容、日中の過ごし方、性別、年齢など、それぞれに必要な睡眠時間が変わってくるということが分かってきています。

 

 

ですので、『自分は◯◯時間しか寝ていない、、、』と悲観せず、日中の行動に差し障りがない程度の眠りでOKという風に楽に考えることが不眠症を引き起こさない為の気持ちの持ちようだといえます。

 

 

眠れないという悩みを持つと、私も経験があるのですがどうしても睡眠時間を確保しようとします。睡眠時間を確保しようとするあまり、必要以上に早めに練ろうとしますが、これも精神的に不眠症になる典型的なパターンなので注意が必要です。

 

 

入眠時間は、平均的に2~4時間と言われていますが、それは眠りにくい時間だと言われます。ですので、その時間に床に入り、『眠れないとどうしょう、、』という風に考えれば考えるほど緊張が高まってくるので、余計に目が冴えてきます。

 

 

ですので、床に意識して入らずに、本を読んだり、リラックスしたりする事。必要な時は眠くなるさ、、という位の気持ちが大事です。

 

 

明日が会議とか、明日がプレッシャーがかかる打ち合わせがあるというふうな時は、それだけでも精神的に普通の状態ではないので、どうしても追いつめられる状態です。そういった部分を感じていることで、『普段とは違うので寝れないで当然、、』という風に思えますので^^。

 

 

そういった時こそ睡眠サプリなどを摂って上手に睡眠と付き合ってみましょう。

 

 

私も、通常では今は服用しませんが、眠れない時は普通に睡眠サプリを飲みます^^。副作用がありませんので依存する心配がありませんので、しっかりと自分の睡眠と向き合うだけでいいのです。

 

>>快眠サプリメントのお勧めはこちら!

 

不眠に効果的な『噛み合わせ調節』

 

かみ合わせが悪い場合、不眠だけではなく全身にトラブルが起こります。偏頭痛、目の痛み、クビ、肩の凝り、背中や腰の痛み、動悸や息切れ、冷え、足のしびれなど、色々な不快症状の大本が噛み合わせの悪さから来ている事が多いようです。

 

 

こういった症状が重なることで、不眠、ウツなどで苦しむという人も多いです。そして、噛み合わせの調整をしたあと、ぱったりと不眠が良くなったという方が非常に多いのです。噛み合わせが悪い場合、やはり寝付きが悪かったり、全身のトラブルなどたくさんの症状が重なります。

 

 

理由は、顎の噛み合わせがズレ始めると、下顎の位置が徐々にズレ始めます。下顎がズレると顔全体に歪みが出てきます。すると、頭の重心が偏ってきます。カラダは頭を傾けたり、肩を下げたり、背中を曲げたりとすることで、その顎から生じたズレを保とうとします。

 

 

これが、やがて背骨を曲げたりし始めます。

 

 

これを繰り返すことで、背骨の中枢神経も曲げられて、圧迫、引張が生じてきます。中枢神経からは『カラダの各部を支配する末梢神経』が別れて出ていますので、圧迫された部分の末梢神経自体の機能が低下してきます。

 

 

脊柱にそって走る動脈にも不具合が出ますし、重心が偏っている方の血管も圧迫されます。そういった状況が続き、色々な部位で血流障害が起こります。

 

 

筋肉に過度の緊張も走ります。こういった事が重なることで全身の不快症状を引き起こしていきます。

 

 

噛み合わせというのは睡眠にも非常に重要に関わってくるので、しっかりと理解しておくといいかなと思います。

 

 

噛み合わせがいいけど寝付きが悪い、、、という方もいると思いますが、そういった場合はリラックスして『眠れない事に囚われすぎない事が大事』です。

 

>>快眠サプリメントのお勧めはこちら!

 

夜中のおしっこで目覚める睡眠障害

 

年を取ってくると、尿が近くなります。これは仕方がない事で加齢の現象だともいえます。

 

 

しかし、深夜の尿意によって睡眠を妨げられたり、トイレに起きないために『夕方からおしっこを我慢する』というストレスを抱えて生活しているようでしたら、それは非常に睡眠障害がヒドい状態を引き起こす可能性があります。

 

 

私は基本的に昼間にしっかりとカラダを動かして、水を大量に飲みますので『おしっこ』は人よりも多く出ますが、かといって、睡眠を邪魔されるような尿意は経験したことはありません。

 

 

とはいえ、私の同級生などの話も聞いていると『年を取るにつれて尿意が近い』という人も多いのも事実です。

 

 

また、1日に数度、尿意が出てきておしっこに行き睡眠が妨げられるなどの場合、前立腺肥大症の可能性が高いです。これは1日に私の様に4リッター以上の水を飲む場合は例外かもしれませんが、、(笑)

 

 

前立腺というのは、男性にしか無い器官です。膀胱の出口近くにあり、尿道の根元の部分を取り巻いています。そして、精液の成分の1つである前立腺液を作っている器官です。

 

 

この前立腺は、加齢とともにホルモンバランスの変化で大きくなっていき、尿道を圧迫して、尿の通りが悪くなります。これが前立腺肥大症です。尿がスムーズに出なくなり、排尿の時間が長くなり、残尿感が残る様な不快な気分になります。

 

 

おしっこに寝ている時に何度もいくと言うような経験をされているのであれば、一度病院などで検査してもらうといいかもしれません。

 

 

睡眠障害の1つで『夜中に何度もトイレにいく』という事がありますが、殆どは自然な現象です。しかし、夜間の尿意が、カラダの発している病気のサイン、危険信号ということもありますので、こういった残尿感や、頻度が激しい尿意には十分に注意が必要です。

 

 

夜に3回以上おしっこがしたくて目覚める反面、お昼のオシッコが激減する。これは心臓に問題があるとも言われています。

 

 

心臓が弱ると、活発に活動する部分にしか血液を送ることが出来ません。そのため、昼間は活発に動く脳や筋肉には血液が送られますが、腎臓には届きません。腎臓の動きが低下するために昼間の尿意が下がります。

 

 

夜になれば、脳、筋肉が休息状態になります。そうすると腎臓に血流が流れだして頻繁に夜中にトイレに行きたい気分になるのです。

 

 

水分を殆ど取らない状態で、1日に数度夜にトイレに行くというのは、何らかの危険信号の可能性もありますので、十分に注意しておきましょう。快眠の為にも、尿意があまりにも多い時などは注意が必要です。

 

夜更かしは万病の元、早起きを心がける

 

私の様な職業以外にでも、夜更かしをしている人が増えています。今は深夜でもお店も開いていますし、夜も眠らない街となっています。こういった生活形式の中、夜型の人間が物凄く増えています。20年以上のスパンをかけて、ずっと睡眠の時間が遅くなっているのです。

 

 

日中に太陽があるのは自然ですが、人間の本能的な部分においてはやはり太陽がある時に動き、太陽が無い時に休むというのが自然です。しかし、ここ20年ほどの間に、人間自体の睡眠時間のズレがかなり生じているのも事実です。

 

 

人間の遅起き化が進んでいるのです。しかし、人間の身体自体が変化している事ではありませんし、やはりどうしても遅くなると身体が反応してストレスに成るらしいです。

 

 

睡眠と覚醒を司っているのは、自律神経と呼ばれるものです。自律神経には身体を必要に応じて活発に活動させる交感神経と、その逆に休養させる副交感神経があります。

 

 

通常は夜間は副交感神経が強くなり、身体がリラックスして眠くなるのですが、明け方近くになってくると、交感神経の動きが活発になってくるので、体温や血圧が上昇して目が覚めるという仕組みです。

 

 

この生理リズムを無視したままで生活していると、自律神経の切り替えがうまくいかないようになるのです。

 

 

こういった乱れが、不眠症ばかりか自律神経失調症やうつ病などを引き起こす可能性があります。更に内臓の動きが低下して胃腸障害を起こすなどの色々な病気があります。

 

 

夜更かしというのは万病の元なのです。

 

 

つまり、こういった障害を無くすためには、規則正しい早起きが必要です。規則正しい早起きをすることで、副交感神経と交感神経の切り替わりがうまくいくのです。

 

 

副交感神経と交感神経が入れ替わるのが、大体午前5時頃と言われていますので、この時間に起きることで心身ともに健康になる事が出来ます。

 

 

朝方人間になることで、午前中の神経活動が活発になるので、免疫力も向上して病気にかかりにくく成るというメリットがあります。

 

 

不眠症の人、睡眠障害を持っている人が、いきなり早起きをするのは結構厳しいかもしれません。しかし、無理に寝付こうとせずに自然に寝るようにして、決めた時間に起きることを意識して下さい。

 

 

一時的に寝不足になる可能性がありますが、早起きを優先することで自然に早起きになる事があります。ですので、しっかりと実践して下さい。

 

寝起きを良くする方法

 

頭がボーっとして寝起きは何も出来ない、、という方も多いと思いますので、誰でも出来る脳を活性化する方法などをお試し下さい。

 

 

  • 何をするのかを明確にメモをとっておくこと
  • 使い慣れない手を使い脳を活性化させる
  • シャワーなどを浴びて血行を良くすること
  • 糖分を取り入れる。砂糖入りのコーヒーなども効果的

 

 

こういった方法は、脳を活性化させるためには必要な事です。寝起きが悪く、ぼーっとしているという方であれば、尚更実践することをオススメします。

 

 

起床後スグに活動出来る人、起床後なかなか活動出来ない人、やはり同じ時間に起きてもそれを活かす人、出来ない人タクサンいます。

 

 

ですので、まずしっかりと自分の行動を高める為の行動をする事をオススメします。

 

出来るだけ道具を使わずに、しっかりとした方法、自然にできる方法で快眠を心がけ、しっかりとした睡眠を取ることをオススメします。

 

>>快眠サプリメントのお勧めはこちら!