管理人も愛飲

マインドガードDX粒タイプ

 

マインドガード

不眠症の症状について

眠れない時に寝る方法

こんにちわ、飯野です。不眠症というと自分には関係ない事だと思われる方もいるかもしれませんが、実は寝付きが悪い事を含めて全てが不眠症の分類になります。それぞれの分類されている症状が、まとめて起こることもあります。

 

【目次】

  1. もっとも症状が多い入眠障害について
  2. 『中途覚醒』途中で何度も目が覚める
  3. 朝早く目覚め、再度寝れない『早朝覚醒』
  4. 眠った感じがしない熟眠障害について
  5. 休息サプリでまずは様子を見る

 

不眠症というのは『寝付きが悪い』『朝早く目覚めてしまう』などの軽めのものも含めて、睡眠障害の中では最もメジャーな病気となります。そして、大きく分けて4つで分類されます。

 

  • 入眠障害・・布団に入り30分以上寝ることが出来ない症状。
  • 中途覚醒・・起きるまでに何度も目覚め、再び寝ても時間がかかる症状。
  • 早朝覚醒・・朝起きる予定よりも2時間位前に目覚めるような症状。うつらうつら布団の中で起きておる。
  • 熟眠障害・・眠りが浅いためにいくら寝ても疲れが取れない症状

 

 

分かれている不眠症の種類について調べてみましたので良かったら参考にして下さい。

 

もっとも症状が多い入眠障害について

 

30分以上寝付けないのであれば、それは入眠障害と分類される睡眠障害であり、これは最もメジャーな睡眠障害です。

 

 

一般的に言われる不眠の症状として最も多いのがこのタイプと言われています。寝付きが悪いと言われている様な方ですね。寝付きが悪い、、、と思われているようであればこれは立派な睡眠障害と言えるでしょう。

 

 

入眠障害の特徴として

 

  • 睡眠障害の中では最もポピュラーなもの
  • 年齢による差が出ない睡眠障害
  • 若い人、年寄りでも同様で有病率は同じ

 

 

という感じです。『中途覚醒』や『早朝覚醒』は加齢、年寄りになればなるほど増加するのですが、それとは全く違う事が分かります。

 

 

入眠障害が最も最初の段階で睡眠障害だと分かる症状です。不眠症が『中々寝ることが出来ない』『最近寝付きが悪い、、』という症状から始まることが殆どです。

 

 

これが慢性化するに連れて『中途覚醒や早朝覚醒、熟眠障害』などが加わってくるのが普通です。

 

 

布団に入って寝付けない、、、というのが1週間位続いているのであれば、休息サプリなどの導入を考えてみるといいと思います。

 

『中途覚醒』途中で何度も目が覚める

 

寝ている時に2回以上目が覚める事を中途覚醒と言います。睡眠時間を取ってると思い、十分に寝たつもりでいても十分な睡眠が取れてない、、中途覚醒の場合快眠が出来ない為、起きている時の集中力が欠けることが結構あります。

 

 

私も最初、入眠障害を放置してスマホなどを観ていたのですが、この中途覚醒なども並行で起きていました。今思えば中途覚醒になる前に対策をしておけばもっと好転していたかも知れません。

 

 

しかし、中途覚醒でもすぐに眠ることが出来る人もいれば、そうでない人も多いです。

 

 

中途覚醒の症状になる人はアルコールを睡眠薬代わりに飲んでいる人が多いですので、こういった人は浅い睡眠しか摂ることが出来ないので要注意です。

 

 

私はちなみにアルコールは飲みませんので、アルコールを飲まない人でも中途覚醒になる人もいるということです。

 

 

原因としては『脳の仕組みそのものが不調』『カラダの痛み、呼吸困難、頻尿』などが挙げられます。

 

 

基本的には眠りが浅いので『十分に寝た感じ』を得ていませんので、日常生活には要注意です。

 

朝早く目覚め、再度寝れない『早朝覚醒』

 

加齢に伴い、メラトニンなどの分泌が抑えられるようになります。そうすることで睡眠力も落ちてきます。眠りが全般的に浅いために、中途覚醒、早朝覚醒などが起こりやすくなります。

 

 

以前と比べて朝早く起きてしまったり、起きてそれから寝れない、、という場合は早朝覚醒の可能性があります。

 

 

これは年寄りになれば、生活習慣の時間帯が前倒しになってくるため、夜は早く眠くなり、朝が早く目覚めるという環境の変化も原因があると言われています。

 

 

とはいえ、早朝覚醒が起こったとしても昼間に強烈な眠気、生活に支障をきたすような弊害がないのであれば無理して二度寝する必要はありません。『寝ないと、、、!』という気持ちを持つ事自体がダメです。

 

眠った感じがしない熟眠障害について

 

熟眠障害というのは、『毎日睡眠時間は取れているのに目覚めが悪い』『しっかりと布団で寝ているのに疲れが取れない、グッスリと寝た感じがしない』という様な感じを持つことです。

 

 

入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒と違うのは『自分で起きていないので自覚症状が分かりづらい』という所です。自分で起きたりとかしていない状態で『深く眠った気がしない、、』と思うだけなので、中々自分で気づきにくいという危険もあります。

 

 

睡眠時間は普通にもかからわず、通常の睡眠よりも眠りの質が浅いという部分で睡眠不足を感じて生活している事になります。

 

 

睡眠に大切な事は質と量ですので、熟眠障害の場合睡眠の質が悪いと言う事になります。休息サプリなどを使いしっかりと眠れる体勢を作ったり、あるいは環境を整える必要があります。

 

休息サプリでまずは様子を見る

 

私は休息サプリを使い睡眠の質を上げることを選びました。歳を取るにつれて色々なプレッシャー、カラダ的に仕方がない部分も増え、快眠が出来ない状態になるという事は分かっていたからです。

 

 

睡眠薬や病院で診断するという様な深刻な問題でも無かったし、やっぱりケミカルは怖かったという部分があります。とりあえず試してみるという位の軽い気持ちで休息サプリを使ったため、効果が出た時は本当に嬉しかったのを覚えています^^。

 

 

まずは睡眠薬に頼らず、上記の様な睡眠障害の兆候がある方は休息サプリなどを使って自然に快眠できる方法を選ぶというのもいいと思います^^

 

>>快眠サプリメントのお勧めはこちら!